yukatin.nikki

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Book Review。

2006/05/04 Thu [Edit]

なんか就活も一段落し、時間ができてきたので、本を読んでます。


そこで。

これからブックレビューに挑戦したいと思います。

というかせっかく読んだのに忘れちゃいそうなんで、なんとか自らの衰えゆく記憶力をつなぎとめるためにやろうと思います。


そこで、今日の一冊。

『仮説思考』



20060504195608.jpg



これです。

いちお、コンサルファームの人が、どう考えたら仕事が効率よく進むかということを説いた本だと思います。

まぁ、無数の情報をかき集めて確実といえるようになってからやるのではなく、仮説を立てて、それを検証するほうがはるかに効率がいいと。

この変化の激しい時代に、そんな情報を網羅して完璧にしてからではとうに旬を見過ごしてしまうと。

さらにいえば、「きっとこうすれば売れる!」と考えそれを検証し、やれそうならやれといった具合でしょうか。

一方。

コンサルの世界では、「ロジカルシンキング」なるものがあります。

そこで出てくる概念に、「MECE」というものがあります。

「Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive」

まぁ日本語にすると、「漏れなくダブりなく」といったとこでしょうか。

人に対してロジカルに説明するためには、わずかな曇りも許されない、完璧な網羅思考が必要とされるということ。

そりゃそうですわな。自分が社長だとしたら、あるコンサルタントに、「この戦略がいいですよ」と言われて、「なんで他のこういう戦略じゃなくてこれなの?」と聞いたら、「コレが売れそうで検証できたからです」なんて言われたら不安でしょうがないですね。



そこで疑問に思ったこと。

「仮説思考」と「MECE」って相反しませんか?



しかし、どうやら相反するわけではないようです。仮説思考を繰り返すことによって、網羅思考によって得られる答えと大体重なってくるようです。

その中で、やはり仕事をする上で「意思決定のスピード」がかなり重要になってくると。

その中で網羅なんかしてられない、そこで仮説を立てる。

そして失敗を繰り返す。

するとだんだん「仮説」の精度が上がってくるようなのです。

ココが一番のミソのようです。


というか、イメージとしては、「仮説」を「MECE」によって立てるということなのでしょうか。

というか自分で書いててだんだんワケわかんなくなってきました…。


なので、今日はこの辺で勘弁しといてあげます(-∀-)。

それではまた~
スポンサーサイト
Prev
16000円の価値。
Top
yukatin.nikki
Next
あぢー。

Comments

はいはい頭いたいたい( ´^ิ^ิ`)ノ

がんばれ~。

てかその顔文字コミュからパクッただろ~!

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
yukatin.nikki

カウンター

プロフィール

yukatin

Author:yukatin
早いものでもう社会人2年目。System Engineer って言うといまだにおかんには「アキバくん?」おとんには「派遣契約更新できたのか?」とか言われますが、アキバくんでも派遣でもありません。
映画好きです。洋画より邦画の方が向いてるかな。
音楽は Punk, Rock がメインですが、たまーに Jazz, R&B とか聞きます。
最近の悩みは、本を読んだり映画観たりしてるときに居眠りしちゃうことです。あと体重がね…。スーツが客先ではちきれない事を願うばかりです。
そんな yukatin ですがどうぞよろしく。

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。